4416の自由帳

4416のキャビネットです。ビジネス寄りの自由帳です。

スポンサード

a1180_008938

サイト売買。なんか騙されそうな匂いがする言葉ですよね?だって、人のサイトを買ったりするわけですから。どんな運営をしていて、どんなところに問題点が隠れているかもわかりません。

また、運営がよくわからないから、買った後に変なことをやってしまい、せっかくのサイトの価値を損なってしまう可能性すらあります。


でも、やってみないとわからないということで思い切って買ってみました。

ちなみにお値段は伏せますが、結構がっつり贅沢ができるぐらいの コストがかかりました。(がっつり贅沢というのが、いくらぐらいなのかは人それぞれですけどね。)


続きを読む
スポンサード

a0001_006405

開業したいという人はたくさんいます。 でも、実際に開業に向けた取り組みをする人たちはその中の一部です。また、実際に開業の準備をしても、開業に踏み切る人はさらに少なくなります。 

そして、実際に開業に踏み切ろうと考えた時、業種にもよりますが開業資金を調達することが一つの関門となります。

一般的には開業資金は地道な貯蓄や、親類縁者からの借り入れ、金融機関からの借り入れで賄われることが多いのですが、金融機関からの借り入れが持つ利点について少し考えてみたいと思います。

■金融機関から借り入れる事のメリット

さて、金融機関から借り入れる事にメリットがあるといったらどうでしょうか?ちょっと信じられない気がしませんか?

だって、自分で貯めたお金なら返す必要はありませんし、親類縁者からの借り入れの場合は場合によっては出世払いなどが許容されるかもしれません。

これに対して金融機関から借り入れる場合、相手もビジネスなのでしっかりと定期的に返済しなければなりませんし、当然利息を支払うことも必要になります。

しかし、金融機関から借り入れようと考える事には大きなメリットがあるのです。というは


といった風に、開業予定の事業をビジネス目線で審査してくれるということです。

■事業自体を判断してくれるの?

おそらく、現在お勤めの人が親兄弟や配偶者など親しい人に開業の相談をすると、やめたほうがいいと言われることが多いはずです。

特に事業の内容を精査してそのように言うわけでなく、現状維持であれば大きなリスクを負わずに生きていけるわけですからといった風な気持ちでそのような言葉が出てくると考えられます。

また、意地の悪い言い方をすると、親兄弟や配偶者は必ずしもビジネスの専門家ではないことが多いはずです。そのため、開業プランの有望性などの判断をすることができず、よくわからない以上現状維持でリスクを回避したほうがいいという親切な回答になると考えられます。

これに対して、開業を支援してくれる人たちは、どうしても開業してほしいというバイアスがかかります。場合によっては、開業プランに問題があっても親切にその問題点を修正してくれ、その結果、修正後のビジネスプランで開業できるところまで連れて行ってくれます。

但し問題点の修正といってもビジネスモデルの根本的なところは変えることができませんので(あくまで開業を支援してくれる人たちはアドバイスにとどまりますから)、根本的な問題があっても表面上の修正で何とか採算が合うような計画になってしまう可能性があります。

■金融機関に融資を申し込むと

これに対して、金融機関は商売で開業希望者にお金を貸そうとしてます。ということは、開業希望者のビジネスプランを見極めようとします。

開業希望者が不幸にも土地や建物など担保を提供できる状態であれば、担保を取って審査が甘くなるといった傾向もありますが、担保を提供できないのならば金融機関としても開業希望者のビジネスプランの成否が融資の成否にかかわってくるのです。

そのため、金融機関から融資を受けられればある程度客観的にうまくいくであろう計画になっているということができるのです。

 



そのため、事業計画にあまり自信がない場合、金融機関へ融資をもし混んでみるのも一つの手段だと思います。
スポンサード


春闘という言葉がニュースに出てきます。労働組合があるような大きな会社にお勤めの方にとってはおなじみの言葉かもしれませんが、そのような組織のないところで働いている人も多いと思います。

そこで、春先に春闘という言葉が出て、その後春闘の結果といったニュースで出てくる賃上げ額とは何を指しているのかについてみていきたいと思います。

■え?今年のお給料は上がったよ?

春闘では、色々な交渉を労使で行うのですが、ニュースとなるのは大抵賃上げの事です。しかし、この賃上げが何を指しているのかについては少しわかりにくい部分があります。

というのは、労働組合がないような企業でも、定期昇給はするケースが多く、「よくわからないけど、年次が上がったからお給料が増えたよ」という人も多いはずです。

しかし、春闘の結果上がるお給料というのはそういったものとは少し違うものについても労使が交渉をしていくのです。

■毎年上がるお給料は

毎年上がるお給料はある程度あらかじめ決められています。例えば、入社から年次によってどのように賃金が推移するかが、決まっているのです。

こういったのを定期昇給というのですが、昔からある企業や、いわゆる年功序列てきな処遇を採用している企業の場合、30歳で月収30万円、40歳で40万円といった風に設定されています。

この年次で定期的に昇給していく賃金をグラフにすると年齢を重ねるごとにだんだん高くなっていて、その形がカーブして見えるので賃金カーブとも言います。(なお、例に出したお給料の数字には特に意味はないです。)

■これに対して春闘では

春闘ではこれだけではなく、ベースアップとして、すべての年代の従業員のお給料を一律で上げることも目指します。

このベースアップとは、ベースがアップするという言葉どおり、たとえば全従業員のお給料を月7000円アップさせるといった事になります。

通常の定期昇給に加えてベースアップまでするわけですから、非常に働く人にとってはうれしい事です。そして、実際の報道でもこの定期昇給とベースアップが組み合わせてなされたとされています。
経団連が6日発表した大手企業の今春闘の賃上げ額(最終集計、ベースアップと定期昇給)は、月額7497円で、昨年の8235円を下回った。上昇率は2・27%で、昨年の2・52%より低かったが、3年連続で2%を超えた。2016/7/6朝日新聞デジタル
今年は平均7497円のベースアップがなされたようです。

■年功制もベースアップも

とはいえ、根強く存在している年功制の賃金ですが、最近ではそのような給与体系を取っていない企業も多くなっています。また、労働組合自体が存在しない企業も多くあります。

そのため、定期昇給やベースアップといった言葉がいつまで使われ続けるかはわかりません。しかし、ニュースを読むための知識として押さえておいた方がいい言葉ではあります。



スポンサード

a0002_001419

つい最近、U.S.M.H社の株を買いました。と、この略称では、どこの会社で何をやっているかわかりませんね。

正式名称は「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」と言います。

え?何屋かわからないですって?

そうですよね。私も、正直言ってこの会社名には全く馴染みがありません。

■知らない会社の株を買うなんて正気?

小見出しのように思われた方は非常に常識的な感性をお持ちだと思います。私も、知人に「よくわからない会社の株を買った」と言われたら、心の中ではそういう風に思うでしょう。(口に出すかどうかはその人との関係性次第ですけどね。)

では、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは、マルエツとかカスミ、マックスバリュー関東をやっているの会社だよと言われたらどうでしょうか?

おそらく、関東圏の方は「あ、あのスーパーをやっている会社なのね」と思うはずです。

■マルエツで使える優待券が

と、少し前までマルエツで使える株主優待券を体に入れるためには数十万円の投資が必要でした。(多分30万円から50万円ぐらいだったと思います。)

これで年間1万円分のお買い物優待券がもらえていたのですが、ちょっと投資額が大きすぎるため、投資対象とはしていませんでした。

しかし、今はイオン系のマルエツ、カスミ、マックスバリュー関東の3社共通で使える株主優待券が10万円ほどの投資額で年間6千円分手に入ります。

■3社で使えると無駄がないですね

基本的にはスーパーなどでのお買い物優待券はその会社のみで使えるものになります。そのため、メインで使っているスーパーの優待券ならば問題なく使えるのですが、たまにしかいかないスーパーの場合、優待券が余りがちになります。

しかし、U.S.M.H社の場合マルエツ、カスミ、マックスバリュー関東で使えますから関東に住んでいれば活用する機会を多く取れるはずです。つまり、無駄が少ないとても使い勝手の良い優待券だということができます。

また、権利確定が8月末なのもポイントです。ざっくりというと、8月末に株を持っていれば三千円分の株主優待券がもらえるということです。(2月末にも権利確定日があり、この日に株を持っていれば三千円分の優待券を貰えます。合わせて、年間6千円分になるのですね。)

■節約は仕組みで

このことから、無理な節約をするぐらいなら、こうした株主優待券を手に入れるような投資も選択肢になるかなと思います。

6,000円といえば、1回500円得する特売セールに12回行くぐらいの効果が得られるわけですからね。(特売日に平均10%引きの商品を5,000円買うイメージです)

そして、忙しい中、特売に行くために、時間などをやりくりするといったいろいろな犠牲を考えると多分12回位では済まないはずです。

努力は大切でとても良いものですが、個人的には努力しないで仕組みとして得をする方法のほうがお勧めです。

このように株主優待の活用はとても楽に節約できる方法だということができます。ただ、年間6千円では多分、早いうちに使い切ってしまいますよね?

■効率よく優待の権利を手に入れる裏ワザ

最後に、12,000円分の株主優待券を手に入れる裏ワザをご紹介します。と、裏ワザといってもへんなことをするわけではなく、家族で口座を分けて株を購入するというだけです。

この手の株主優待は1単元株(購入できる最小単位、この会社の場合100株)が一番効率が良くなるように制度が設計されています。

通常では、年間12000円分の株主優待券を手に入れるためには500株も購入しなければならなくなります。しかし、家族で別々の名義として100株ずつ買えば、合計200株で500株分の優待の権利を手に入れることができます。

家族で複数名義はとても使える方法なので、証券会社はご自身で使い勝手の良いところを調べて使ってみてくださいませ。

あ、そうだ、魔法の言葉を書いておかないと…

この記事は投資を勧誘する目的で書いたものではありません。そのため本サイトでは投資判断に対して何ら責任を負いません。株式投資はご自身の判断で行ってくださいませ。

 
スポンサード

a0050_000370

2016年も半分が終了したわけですが、折り返し地点に立ってみてどのように感じるでしょうか?

なかには、半年ということで振り返りの機会を持ち、軌道修正をするような人もいるかもしれませんね。きっとそういった人は大きな成果を上げる傾向が強いのでしょう。

しかし、私自身は毎年。7月になっても「これから暑い季節が来る」と感じるのですが、暦の上で一年の半分が過ぎてしまったといった実験はあまり持っていませんでした。

ただ、やはり漫然と過ごしてしまう一日も、何か目的意識をもって過ごした一日も同じ一日なので、せっかくの機会なので振り返りの機会を持ってみました。

なお、人それぞれですが、私は自分自身の事を振り返ったり将来の目標などを書くときは意識してちょっといい道具を使っています。

名入れ 万年筆 名入れ無料 パーカー IM 万年筆 ラックブラックGT S1142132 PARKER


感想(10件)

ライフ N33 ノーブルノート A5 方眼


感想(6件)


特に下の方のノーブルノートは非常に素晴らしい逸品です。紙の質がとてもいいので、人生を記述しているといった気になります。(私はこのノーブルノートのシステム手帳用のA5判リフィルを愛用しています)

■目標がありますか

さて、振り返りを行う際に大切なものが一つあります。それは、目標とか目指すものの存在です。

 

この目指すものがないと、過去の行動を振り返っても、ただの感想だけになってしまいます。もちろん、この上半期でやったことを振り返り、その感想を改めて心に留めておくことは、下半期をよりよく過ごすための貴重なヒントになるかもしれません。

 

しかし、目標があって、それと現状との差を明らかにするといったアプローチのほうがより効果的になると考えられます。

■測定できるものは


測定できるものは管理できるとは、かの有名なドラッガーの言葉ですが、目標がなければ現状がどうなっているのかについて測定することができません。


例えば、独立開業を考えている人ならば、見込み客を10人作るなどといった目標を持つことができるので、現状が4人であるといった風に測定できます。


しかし、特に独立開業といった目標を持っていない人にとっては、見込み客といったアプローチで成果を測定することを普通はしません。


また、独立開業といった目標があれば、そこから別の成果指標を導き出し(貯金の額もあり得ますし、収集した情報の量もあり得ます。)それを測定することも考えられます。


このように具体的な目標が決まっていれば、せっかく持った振り返りの機会をさらに効果的に活用することも可能なのです。

■目標がないなら目標を立ててみよう


すでに目標を持っている方はぜひこの機会に上半期を振り返ってみてください。きっと、有益な気づきを手に入れることができるはずです。

また、目標を持っていない方でも、まだ今年は半分も残っています。現在、特に何の目標も立てていない方は、この機会に何か目標を立ててみてはいかがでしょうか?


成果を測定するためには、まずはその物差しを設定する必要があると思います。もしこの記事を読んだことがきっかけになって、成果測定の物差しを設定することができればうれしいです。

スポンサード

このページのトップヘ