4416の自由帳

4416のキャビネットです。ビジネス寄りの自由帳です。

スポンサード

a0002_001419

つい最近、U.S.M.H社の株を買いました。と、この略称では、どこの会社で何をやっているかわかりませんね。

正式名称は「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス」と言います。

え?何屋かわからないですって?

そうですよね。私も、正直言ってこの会社名には全く馴染みがありません。

■知らない会社の株を買うなんて正気?

小見出しのように思われた方は非常に常識的な感性をお持ちだと思います。私も、知人に「よくわからない会社の株を買った」と言われたら、心の中ではそういう風に思うでしょう。(口に出すかどうかはその人との関係性次第ですけどね。)

では、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスは、マルエツとかカスミ、マックスバリュー関東をやっているの会社だよと言われたらどうでしょうか?

おそらく、関東圏の方は「あ、あのスーパーをやっている会社なのね」と思うはずです。

■マルエツで使える優待券が

と、少し前までマルエツで使える株主優待券を体に入れるためには数十万円の投資が必要でした。(多分30万円から50万円ぐらいだったと思います。)

これで年間1万円分のお買い物優待券がもらえていたのですが、ちょっと投資額が大きすぎるため、投資対象とはしていませんでした。

しかし、今はイオン系のマルエツ、カスミ、マックスバリュー関東の3社共通で使える株主優待券が10万円ほどの投資額で年間6千円分手に入ります。

■3社で使えると無駄がないですね

基本的にはスーパーなどでのお買い物優待券はその会社のみで使えるものになります。そのため、メインで使っているスーパーの優待券ならば問題なく使えるのですが、たまにしかいかないスーパーの場合、優待券が余りがちになります。

しかし、U.S.M.H社の場合マルエツ、カスミ、マックスバリュー関東で使えますから関東に住んでいれば活用する機会を多く取れるはずです。つまり、無駄が少ないとても使い勝手の良い優待券だということができます。

また、権利確定が8月末なのもポイントです。ざっくりというと、8月末に株を持っていれば三千円分の株主優待券がもらえるということです。(2月末にも権利確定日があり、この日に株を持っていれば三千円分の優待券を貰えます。合わせて、年間6千円分になるのですね。)

■節約は仕組みで

このことから、無理な節約をするぐらいなら、こうした株主優待券を手に入れるような投資も選択肢になるかなと思います。

6,000円といえば、1回500円得する特売セールに12回行くぐらいの効果が得られるわけですからね。(特売日に平均10%引きの商品を5,000円買うイメージです)

そして、忙しい中、特売に行くために、時間などをやりくりするといったいろいろな犠牲を考えると多分12回位では済まないはずです。

努力は大切でとても良いものですが、個人的には努力しないで仕組みとして得をする方法のほうがお勧めです。

このように株主優待の活用はとても楽に節約できる方法だということができます。ただ、年間6千円では多分、早いうちに使い切ってしまいますよね?

■効率よく優待の権利を手に入れる裏ワザ

最後に、12,000円分の株主優待券を手に入れる裏ワザをご紹介します。と、裏ワザといってもへんなことをするわけではなく、家族で口座を分けて株を購入するというだけです。

この手の株主優待は1単元株(購入できる最小単位、この会社の場合100株)が一番効率が良くなるように制度が設計されています。

通常では、年間12000円分の株主優待券を手に入れるためには500株も購入しなければならなくなります。しかし、家族で別々の名義として100株ずつ買えば、合計200株で500株分の優待の権利を手に入れることができます。

家族で複数名義はとても使える方法なので、証券会社はご自身で使い勝手の良いところを調べて使ってみてくださいませ。

あ、そうだ、魔法の言葉を書いておかないと…

この記事は投資を勧誘する目的で書いたものではありません。そのため本サイトでは投資判断に対して何ら責任を負いません。株式投資はご自身の判断で行ってくださいませ。

 
スポンサード

a0050_000370

2016年も半分が終了したわけですが、折り返し地点に立ってみてどのように感じるでしょうか?

なかには、半年ということで振り返りの機会を持ち、軌道修正をするような人もいるかもしれませんね。きっとそういった人は大きな成果を上げる傾向が強いのでしょう。

しかし、私自身は毎年。7月になっても「これから暑い季節が来る」と感じるのですが、暦の上で一年の半分が過ぎてしまったといった実験はあまり持っていませんでした。

ただ、やはり漫然と過ごしてしまう一日も、何か目的意識をもって過ごした一日も同じ一日なので、せっかくの機会なので振り返りの機会を持ってみました。

なお、人それぞれですが、私は自分自身の事を振り返ったり将来の目標などを書くときは意識してちょっといい道具を使っています。

名入れ 万年筆 名入れ無料 パーカー IM 万年筆 ラックブラックGT S1142132 PARKER


感想(10件)

ライフ N33 ノーブルノート A5 方眼


感想(6件)


特に下の方のノーブルノートは非常に素晴らしい逸品です。紙の質がとてもいいので、人生を記述しているといった気になります。(私はこのノーブルノートのシステム手帳用のA5判リフィルを愛用しています)

■目標がありますか

さて、振り返りを行う際に大切なものが一つあります。それは、目標とか目指すものの存在です。

 

この目指すものがないと、過去の行動を振り返っても、ただの感想だけになってしまいます。もちろん、この上半期でやったことを振り返り、その感想を改めて心に留めておくことは、下半期をよりよく過ごすための貴重なヒントになるかもしれません。

 

しかし、目標があって、それと現状との差を明らかにするといったアプローチのほうがより効果的になると考えられます。

■測定できるものは


測定できるものは管理できるとは、かの有名なドラッガーの言葉ですが、目標がなければ現状がどうなっているのかについて測定することができません。


例えば、独立開業を考えている人ならば、見込み客を10人作るなどといった目標を持つことができるので、現状が4人であるといった風に測定できます。


しかし、特に独立開業といった目標を持っていない人にとっては、見込み客といったアプローチで成果を測定することを普通はしません。


また、独立開業といった目標があれば、そこから別の成果指標を導き出し(貯金の額もあり得ますし、収集した情報の量もあり得ます。)それを測定することも考えられます。


このように具体的な目標が決まっていれば、せっかく持った振り返りの機会をさらに効果的に活用することも可能なのです。

■目標がないなら目標を立ててみよう


すでに目標を持っている方はぜひこの機会に上半期を振り返ってみてください。きっと、有益な気づきを手に入れることができるはずです。

また、目標を持っていない方でも、まだ今年は半分も残っています。現在、特に何の目標も立てていない方は、この機会に何か目標を立ててみてはいかがでしょうか?


成果を測定するためには、まずはその物差しを設定する必要があると思います。もしこの記事を読んだことがきっかけになって、成果測定の物差しを設定することができればうれしいです。

スポンサード

a0002_006352

フェースブックが自動翻訳機能をテストしているとのニュースがありました。

 【AFP=時事】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブック(Facebook)は1日、投稿をユーザーの好みの言語に自動翻訳するツールのテストを開始したと発表した。
中略
 
フェイスブックは言語障壁を取り除くことを目標として、多言語投稿を使って機械翻訳の精度を改善しようとしている。2016/7/2AFP=時事 
外国の方とコミュニケーションをするためには、言葉の壁があるのですが、自動翻訳されれば、言葉の壁は低くなっていくことが予想されます。

正直、現在の自動翻訳の精度はひどいモノですが、機械学習とか昨今の技術の進歩を活用して本気でやっていけば精度が改善するのは明らかです。

とすると、「これで、海外の人とコミュニケーションがとりやすくなって、うれしいな」と考える人も多いと思いますが多分普通の人にとっては、うれしくない事がたくさん起こると思います。

■日本語の高い壁

日本語は学習するのが難しい言語だと言われます。日本語ネイティブでない人が日本語を使いこなすためには、平仮名とカタカナを使い分け、さらに膨大な数の漢字を覚える必要があります。

また、非ネイティブにとっても体系的かつ効果的な学習方法が確立されている英語などの言語と比較して、学ぶ人の絶対数が少ないために、学習方法がそこまで洗練されていないといった点も挙げられると思います。

(もちろん、日本語学習の方法論は積み重ねられてきた経験も歴史もあります。これは学ぶ人が非常に多い英語と比較しての話で書いています。)

そして、このような難しい言語が障壁となって海外からの労働力や商品・サービスの流入を防いでいると考えられます。

■言葉の壁が私たちの収入を守っている?

例えば、私は東欧圏で英語が使える人にちょっとした調査をお願いしたことがあります。調査自体は日本でも入手できる情報に対するものだったのですが、機会があったためか外の人にお願いをしたのです。

そして、その結果、日本人に頼むよりも、かなり安く精度の高い調査結果を入手しました。(もちろんそのあと翻訳の手間はかかりましたが。)

この経験から、翻訳の手間がかからないのなら、依頼する国にもよりますがサービスを入手するコストは劇的に引き下がります。

これは逆に考えると、言葉の壁がなくなると、私たちが提供する労働の価格は、安い価格を提示してくる海外の人たちと真っ向勝負になるということです。

もちろん、言葉の壁がなくなると、日本の相場よりも高い国へ私たちの労働を『輸出』することも容易になるのですが、多くの人にとっては収入を引き下げる方向に働くでしょう。

■競争が激しくなると

経済学的には競争が激しくなると、利潤を上げることが難しくなります。そして、経営学的には参入障壁が低くなるということは、競争の激化を意味します。

つまり、学問的には自動翻訳技術は日本人の収入にとってはネガティブな要因であると考えられるのです。

もちろん、そこにいなければできない分野の仕事はこういった、言葉の壁という海外からの参入障壁が下がる事の影響は少なくなると考えられるので、地域に密着した仕事をするか、いっそ海外に打って出られるような仕事をすることが今後は必要になるのかもしれませんね。
スポンサード

a0002_006863

ボーナス時期なので、臨時収入をどのように扱うといいのかについて考えてみたいと思います。特に20代や30代の人はお金をどう活用するかが今後の生活の質を左右する面があるので、せっかくの臨時収入、どのように活用するといいのかについて考えてみたいと思います。

と、筆者は割と自己啓発が好きなので、最初に本記事はそういった切り口になる事を先にお伝えしておきますね。

■漫然と無駄遣いしてしまうのはちょっと避けたいですね

まず、ボーナスなどの臨時収入は特に意識しないといつの間にか消えてしまいます。不思議なもので、臨時収入の額の大きさにかかわらず消えてしまうのです。

そのため、使い方はちょっと意識しないといけません。

仮に無駄遣いだとしても、意識してあえてやる無駄遣いだったら、いつの間にか消えている無駄遣いよりも何倍もましだと思います。

例えば、普段いかないところに旅行に行くとか、普段来ている洋服よりも意識していいものを買うとかは、決して無駄ではないと思います。少なくとも、何らかの印象を残すような使い方は無駄ではないと思うのです。

しかし、何の印象も残さないようなお金の使い方ははっきりと無駄遣いだと思います。

えっ、「具体例を挙げてくれ」ですって?印象に残らない無駄遣いだから、上げるも何も、そのようなお金の使い方の具体は覚えていないです。残念ながら、漫然とした無駄遣いはこうしたブログのネタにすらならないのですね。

■自分に投資

さて、自己啓発が好きな人たちでは自分への投資といった事が一番リターンが大きいと言われています。

特に、自分への投資は人生を通じて回収することができるため、若いうちの自分への投資はとても効果的であるとされています。

とはいえ、AI技術の進歩によって今ある仕事の大部分は消えてしまうという未来予想がなされているため、投資対象は厳選していく必要があります。

そのため、とりあえず簿記を勉強するとか、そういった自己投資は無効になる可能性があります。(経理担当者はAIによって置き換えられてしまうとされている職種の一つですから。)

但し、簿記を、その知識を使って何かをするために学ぶことには意義があると思われます。人間に関する洞察を深めるような自己投資は依然として効果を発揮するとされているので、簿記の知識を前提として人とかかわる事ならば効果は残るのでしょう。

おそらく、人とかかわるために必要な自己投資というのが自己投資のキーワードになるのでしょう。

■誰かに投資

一般的に投資といえば、株式投資や債券投資など、(自分以外の)誰か・何かにお金を出すことを言います。そして、この誰か・何かに投資すると損をする可能性はありますが、得をする可能性もあります。

見方を変えれば実質的に5%程度の利回りを生むような投資案件も転がっていますのでそういったものに余裕資金を投入していくのも手だと思います。

長い期間にわたって数%の利回りで回ってくれる資産は、投資した人の生活を確実に助けてくれますから。

え、そんな高い利回りの投資案件なんか思い浮かばないですって?誰でも簡単にアクセスできる投資案件でいえば、株主優待とかその辺を調べてみることをお勧めします。(小売業等の割引券系は比較的利回りが高くなる傾向がありますよ。)

■とりあえず貯めておく?

さて、臨時収入をとりあえず貯めておくといった選択肢も当然ありです。アリですが、ある程度の不測の事態に備えられるだけの貯蓄があれば、後はやはり投資していくとよいと考えます。

というと、ある程度の不測の事態とはどの程度かと言いますが、実質的には3カ月ぐらい何とか生活できる分があればいいと思います。

仮に自己都合で仕事を辞めて、その後仕事が見つからなくとも3か月後からは失業手当が出るはずです。そのため、当初の3カ月は乗り切れるぐらいの貯蓄があれば失業手当も併せて半年程度の備えにはなります。

ただ、これ以上貯めておいても、その貯蓄を取り崩すだけでずっと生活できるわけではないので、各自の価値観に基づいて投資にも回していくとよいと思われます。

ただ、とりあえずの備えがない人は、臨時収入を活用して安定を得るためにも何とか3か月分生活できるぐらいの蓄えを作ることを目指してみてください。
スポンサード

a0960_003103

イギリスのEU離脱のニュースが流れて世間では大騒ぎになっています。そのため、今日は日経平均が1200円以上下げるという異常事態に見舞われています。しかし今日は、あえて株を買う話をしたいと思います。

というのは、株が上がるか下がるかなどは本質的にはわからない事なので、後から見たら絶好の買い場だったという可能性もあるからです。(まあ私は株価が予想できるとは思いませんので、あくまで可能性の話ですが。)

■雑誌とか証券会社は

さて、雑誌とか証券会社は、あちこちからいろんなデータを引っ張り出してきて、「今こそ絶好の買い場である」などと言ってくると思います。

証券会社は株式の売買の手数料が、雑誌は、そういった証券会社からの広告費が収益源ですから、常に買い推奨なのです。そして、おおむねその買い推奨は半分ぐらいの確率で当たることになります。(上がるのも下がるのも半々ですから。)

しかし、そういった記事を信じて持っているお金を株の購入に使ったとしてもだれも責任を取ってくれません。

また、仮に雑誌などの記事が正しく、その株が値上がりしたとしても、自分が買った値段よりも上がらなければ何の意味もありません。むしろ、予想が当たったとしても購入のタイミング次第では損をする可能性すらあります。

そのため、最終的には自分で判断するしかないのです。

■市場全体に左右される

但し、証券会社や雑誌が綿密な取材をして、本当に今後業績が上がるような企業をピックアップすることもあります。

しかし、この場合も、個別の企業の業績がどれだけよくなったとしても、経済全体が冷え込んでしまえば、それにつられて株価が下がることも考えられます。

例えば、今日みたいに1200円以上も日経平均が下がるような場合、個別企業の業績が良くてもそれにはあまり意味はありません。

「日経平均は30%下げたけど、自分の選んだ株式は15%しか下がっていない」なんて言ってもそれは何の慰めにもなりませんから。(だったら株なんか買わないで貯金していれば少なくても損はしなかったわけですからね。)

このようなことがあるので、個別の株価予想には特に意味がないと私は考えるのです。


■リスクはそんなに嫌わなくても良いと思います



と、こういった損をするリスクがあるから株式投資を敬遠する人も多いと思いますが、個人的には株式投資のリスクはそこまで気にしなくてもいいと考えています。

というと「株価が予想できると思っていないって言っているのに、そんなことが言えるはずがない」と感じる人もいると思いますので、その理由を説明していきます。

(金融の世界ではリスクは不確実性の事だと言う人もいますが、ここでは一般的な損をする可能性といった意味合いでリスクという言葉を使います。)

■リスクはコントロールできる

例えば、全財産を一つの株式の銘柄に投資したらどうでしょうか?これは、控えめに言って「ギャンブル」だと思います。勝てば確かに大きく儲けられますが、大損する可能性もあります。

しかし、全財産の1割だけを株式投資に振り分けるのであれば、仮に投資した企業が倒産してしまい株が紙切れになったとしても全財産を失うようなことはありません。

また、相互にあまり関係のない複数の企業に投資していれば、それらの企業が一斉におかしくなることは想定しにくいため、リスクは分散できます。

■経済は成長し続けてきた

これから先はどうなるかわかりませんが、少なくてもこれまで長期的に見た時には経済は成長し続けてきました。

そのことから、しっかりとリスクをコントロールできるのなら株式投資は長期的には大きな利益を生んでくれる可能性が高いということができます。

この大暴落をチャンスと見るか、ピンチとみるか。どちらとみてもリスクコントロールができていればあまり変わらないと思いますが、ボーナスで株を買ってみるのはいかがでしょう。

スポンサード

このページのトップヘ