a0006_000465
『こびとづかん』で有名な長崎出版が自己破産を申請したとの事です。報道では

  「こびとづかん」シリーズで知られる長崎出版が東京地裁に自己破産を申請、30日までに破産手続き開始の決定を受けた。信用調査会社の帝国データバンクによると、関連4社も同様に破産手続きに入り、グループの負債総額は17億4千万円という。
中略
それまでは年商1億円程度だったが、2012年度は一気に16億円を超える売上高に成長。これで古着ショップのチェーンを買収したり、持ち株会社制度を導入して会社規模を拡大するなど拡大路線を取ったが、失敗し経営破綻した。2014/9/30 msn産経ニュース

とされており、企業の拡大路線に失敗して経営破たんに追い込まれたとされています。
 続きを読む