4416の自由帳

4416のキャビネットです。ビジネス寄りの自由帳です。

カテゴリ: 手帳術

私は、システム手帳愛用者なのですが、A5サイズには非常に利点があります。

というのは、自分の必要とする情報を盛り込んだリフィルを簡単に作ることができるからです。 

以前、こちらで市販のA5サイズの手帳を分解して穴をあけて使っているといった記事を書いたことがありますが、こちらはその応用です。

■6穴パンチを用意しましょう

まずは、6穴パンチを用意します。これは自作リフィルを作ろうと思ったときの必須アイテムです。

もちろん、白紙のA5リフィルを買ってきてそこにプリントするといった方法も考えられますが、手帳用の紙はちょっと特殊で薄かったりします。

そのため、思うように印刷できなかったりするため(薄い紙がよれてしまいプリンターに詰まったりします)ストレス源となりがちです。

ですから、慣れないうちは(慣れた後でも)普通のコピー用紙に印刷してそのあとA5サイズにカットし、6穴パンチで穴をあけるといいと思います。

■どうやって加工するの?

さて、加工方法は簡単でA4サイズの紙に印刷して(2アップ印刷をすればA5サイズで印刷されるので便利です)それを半分に切るだけです。

折り目を付けてはさみで切っても、カッターを使ってもいいので、とても楽ちんです。

コツを言うと、カッターやハサミで切った部分が内側に来るような印刷をするとよいでしょう。

切った線がよれよれでも、システム手帳のリング部分(真ん中の金具です)で隠れるので気になりませんので。

■具体的に何が便利?

自分が使う情報を集めた自作リフィルですが、どのようなものを作ったら便利でしょうか?

人それぞれ違うと思いますが、これは便利だったと思う情報は下のとおりです。

  • 西暦、和暦対照表
専用のリフィルが売っていますけど、わざわざ買うまでもないので、毎年プリントアウトして挟んでおくと便利です。
  • お礼状とか対人関係に使う定型句
お礼状とかメールとかに書く定型句をいくつか作っておくと筆不精の克服にもつながります。
  • 空き時間にできるちょっとした事のリスト
空き時間を活用しましょうなんて言われても、「何をしようか」と都度考えていたら大変です。○分でやれることを一覧にしておいて持っておくと迷いなく実行できます。
  • 路線図
駅で配っているA4のやつを二つ折りにして穴をあければ便利な路線図の出来上がりです。
 

■バイブルサイズとかの場合は


もちろん、バイブルサイズの場合も6穴パンチを活用することは可能です。

ただ、バイブルサイズのリフィルを自作するのは手間が多いのでイマイチ使い勝手はよくないです。

頑張れば紙をバイブルサイズにすることもできるのですが、切断面が二か所になるのでそのまま穴をあけて綴じるとあまりきれいにはならないのです。

保護用の透明なフィルムの間に挟み込めば見た目はクリアーできますが、イマイチですしね。
 

システム手帳のリフィルってビジネスライクすぎません?

いきなりですが、本ブログ管理人はシステム手帳ユーザです。

 

しかも、mini6穴サイズから始まり、バイブルサイズを使い、A5サイズに浮気し、再びバイブルサイズに戻るといった風に、「隣の芝は青く見える」ならぬ「隣のサイズは青く見える」式で毎年システム手帳のサイズを変えるという非常にコストパフォーマンスの良くない事をしています。

 

続きを読む

このページのトップヘ